よくあるご質問FAQ

サービスバナー

プレゼンテーションを依頼するには、どんな会社が良いのでしょうか?

あまり経験がなく、ブレーンの選択基準がわかりません。

プレゼンテーション文化のある海外地域では、プレゼンテーションプロデュースの専門会社は当然のことながら、ひとつの業界として広く存在しています。ただ、ここ日本ではどの業界や会社がそれを担うのかがあやふやな印象を受けています。

 

例えば、論理的なストーリーメイキングやデータ・エビデンスの抽出に長けたコンサルティング会社さんがそれらを担うこともあります。
その一方で、ヴィジュアル作成は、感覚的な表現創出をドメインとする一般のデザイン会社が行うことがあります。 

 

しかし、プレゼンテーションは「論理的な要素」「感情に訴えかけるヴィジュアル要素」の双方を組み合わせて作り出すものです。
そうすることで聴衆(聞き手)の共感を醸成することができます。
つまり、プレゼンテーションの成功には一般的に「左脳」と「右脳」で表現される、相反する工程の乗算が必要なのです。

 

私たちグラブマは、プレゼンテーション活用コンサルティングの専門会社として、
延べ700回以上参画させていただいた実績と知見を活かし、その双方の観点から、ご相談させていただけることが、お客様に選んでいただいている最も誇らしい事実です。

どのような企業がプレゼンテーション作成を依頼しているのでしょうか?

延べ700以上もの実績がありますので、一概には言えませんが、そのうち約80%以上がグローバル展開されている日本を代表する企業様になります。それは、そのプレゼンテーションを受ける聴衆(聞き手)やステークホルダーが多く、影響範囲が広いため、力を入れる。という傾向があると思われます。
参考までにご担当部署は、経営企画部様、広報部様、コミュニケーション管轄の部署様からのTOPプレゼンテーションの依頼が多く、次いでメーカーの宣伝部署様から展示会や営業シーンでのプレゼンテーション依頼となっています。

社内でとあるプレゼンテーション機会の主担当者になりましたが担当する上で、何が一番重要ですか?

最も重要なのは「前提条件」の策定と存じます。
特に「プレゼンテーションのゴール設定」は私たちのような外部ブレーンは策定できにくいため、
ぶれないゴール設定を、聴衆(聞き手)の分析も含めて行うことが成功の条件になります。
大きな企業様になりますと様々な情報が入り乱れ、プレゼンテーションに採用する情報の取捨選択の難易度が格段に上がることが多くなりますが、八方美人のプレゼンテーションにならないよう、私たちも最大限サポートさせて頂いております。

インターネット上にプレゼン資料のデザイン作成会社を見かけますが、判断基準が分かりません。

企業様がどの工程からご依頼されるかに左右されると思います。
私たちグラブマでは、プレゼンテーション活用事業を専門で行っていますので、デザイン作成のみとは言え、「①グラフィックデザインの力」「②ウェブのリンク概念」「③動画制作で重要な尺(時間)の概念」「④イベント現場で必要なリアルなプレゼンテーション環境の把握」を重ねあわせて作成いたします。
「デザインのみ、ご予算内のコストで制作して欲しい」という場合は、インターネット上などで良いと感じられた会社とご面談の上、実績、コストや体制を確認してご選定頂けると思います。

プレゼンテーションの納品データの版権はどこにありますか? 

再活用や改訂を独自に行っていいのでしょうか?

納品後のデータの版権は企業様に帰属いたしますので、改訂も含めてご自由にご活用くださいませ。
企業様にご自由に活用していただくために、汎用的なOffice PowerPointを標準アプリケーションにしております。 但し、納品データ内に「購入した素材写真・動画やBGMなどの音源」が含まれる場合、素材提供会社の規定により、当プレゼンテーション以外のグラフィック制作物やウェブなどに再活用することはできませんので、ご留意ください。